英語勉強法

英単語学習ソフトP-Study System(PSS)で使えるsvl問題集の作り方【画像付き】

こんにちは!サトシ(@satoshi365_blog)です!

 

この記事では、英単語学習ソフトP-Study System(これ以降PSSと呼びます)の使い方、特にSVLという問題集の作り方について紹介します。

 

英単語を勉強しているときに、

簡単な英単語から順番に覚えられるアプリがあったら便利だな

と思ったことはありませんか?

僕はありません。

 

でも、「ネイティブがよく使う順に並べた英単語リストがある」ということを知ったとき、「めっちゃ便利やん!」と感動しました。この英単語リストをSVLといいます。

 

この英単語リストSVLを使うと、「ネイティブがよく使う順に単語を覚えられる」ので、勉強の効率がめちゃくちゃ上がりました!

あまり使わない単語ばかり覚えていたら効率が悪いですもんね。

 

では、「英単語リストSVLをどうやって勉強に使ったか」を書いていきます!

  • この記事で紹介する英単語学習ソフトPSSは、Windowsしか使えません
  • この記事ではパソコンでCDを読み込める必要があります

 

英単語学習ソフトPSSを使うと何がいいの?

英単語学習ソフトPSSとは、Windowsで英単語を勉強することができるアプリです。

 

  • 忘却曲線理論を使える
  • 英単語をネイティブ音声で発音させることができる

などのメリットがあります。(この記事では音声再生の紹介はしていません)

 

今回は、英単語学習ソフトPSSで英単語リストSVLを使えるように設定していきます。

 

PSSでSVLを使うために必要なものを準備する

英単語学習ソフトPSSで英単語リストSVLを使うために必要なものは4つあります。

  • 学辞郎
  • 学辞郎のアプリ、PDIC
  • 英単語学習ソフトPSS
  • 7-zip
  • K2Editor
  • K2Editor用のマクロ

 

では、それぞれ紹介していきます。

 

学辞郎を手に入れる

学辞郎についてくるCDには英単語リストSVLが収録されています。

英辞郎にも英単語リストSVLが収録されていますが、英辞郎には英熟語リストSILが収録されていないので、学辞郎を使うのをオススメします。

英辞郎ではなく、学辞郎を使うのがオススメ

 

学辞郎のアプリ、PDICをインストールする

学辞郎のアプリ、PDICをインストールする手順を紹介していきます。

 

まず、学辞郎のCDをパソコンに入れます。すると自動でプログラムが起動します。

※もし自動でプログラムが立ち上がらないときは

 

「学習機能をフル活用!PDIC」をクリック

 

しばらく待つと「インストール先の選択」画面が出てくるので、「次へ」をクリック

インストールが終わったら、「QUIT」ボタンで画面を閉じてください。

※もし自動でプログラムが起動しないときは、DVDドライブの上で右クリックして「メディアからのプログラムのインストール/実行」を選んでください。

 

英単語学習ソフトPSSをインストールする

英単語学習ソフトPSSをインストールする手順を紹介していきます。

 

このページにアクセスしてください。

英単語学習ソフト P-Study System [ダウンロード]

 

「ダウンロード」の部分にある「P-Study System 最新版のP-Study System Ver~」をクリックしてダウンロード

 

ダウンロードフォルダに「pss~.exe」というファイルができるので、ダブルクリックして実行

 

そのままインストール進めると、このアイコンがデスクトップにできます。

 

7-Zipをインストールする

7-Zipとは、圧縮されたファイルを解凍するアプリです。

もし意味が分からなくても、画像で説明していくので大丈夫です!

ではインストールの手順を説明します。

すでに解凍アプリをお持ちの方はこの手順は必要ありません

 

このページにアクセスしてください。

圧縮・解凍ソフト 7-Zip

 

7-Zip for Windows 64ビット版の「ダウンロード」をクリックしてダウンロード

 

ダウンロードフォルダに「7z~.exe」というファイルができるので、ダブルクリックして実行

 

そのままインストールを終わらせてください。

 

K2Editorをダウンロードする

英単語リストSVLを英単語学習ソフトPSSで使えるようにするために、このK2Editorを使います。

では、ダウンロードの手順を紹介します。

 

このページにアクセスしてください。

K2 Software’s Page

 

ダウンロードの部分の「k2e10509.lzh」をクリックしてダウンロード

 

ダウンロードフォルダに「k2e~.lzh」というファイルができるので、デスクトップに移動

 

「k2e~.lzh」を右クリックして、「7-Zip」から「展開…」を選ぶ

 

「OK」をクリックしたら、「k2e~」というフォルダができる

 

フォルダを開いて、「K2Editor.exe」をダブルクリックして実行

 

何もしないで×で閉じる

 

K2Editor用のマクロをダウンロードする

K2Editor用のマクロは、英単語リストSVLを英単語学習ソフトPSSで使えるようにするために使います。

では、ダウンロードの手順を紹介します。

 

下のリンクをクリックして、マクロをダウンロード

svlやsilをcsvファイルに変換するマクロ

 

ダウンロードフォルダに「slvsil2csv.lzh」というファイルができるので、デスクトップに移動

 

「slvsil2csv.lzh」を右クリックして、「7-Zip」から「ここに展開」を選ぶ

 

「svlsil2csv.mac」というファイルができる

 

K2Editorをダウンロードしたときにできた「k2e~フォルダ」を開いて、「Macroフォルダ」に「svlsil2csv.mac」を入れる

 

準備したものを使ってSVL問題集を作る

SVL問題集を作っていきます。

手順はこのようになります。

  1. PDICから英単語リストSVLを手に入れる
  2. K2Editorを使って、英単語リストSVLを英単語学習ソフトPSSの問題集にする

PDICから英単語リストSVLを手に入れる

デスクトップにあるPDICアイコンをダブルクリックして起動

 

左上の「Search」から「詳細設定検索」を選ぶ

 

「出力先ファイル名」の下の「参照」ボタンをクリック

 

「ファイルの場所」を「デスクトップ」にして、ファイル名を「SVL1~1.txt」にする

(1~1の部分は単語レベル制限に合わせてください)

 

残りの設定は、この表のようにする

※単語レベル制限を「1~1」に設定すると、Lv1の英単語1000単語を選べます

検索文字列
全辞書検索 チェックを外してGAKUJIRO.DICを選択
単語レベル制限 好きなレベル(1~12まで)

 

 

「OK」をクリックしたら、デスクトップに「SVL1~1.txt」ができます。

英単語リストSVLを英単語学習ソフトPSSの問題集にする

「k2e~フォルダ」の中の「K2Editor.exe」をダブルクリックして起動

 

左上の「ファイル」から「開く」を選ぶ

 

さっき作ったファイル「SVL1~1.txt」を選んで、「開く」をクリックする

 

「その他」から「外部マクロ実行」を選ぶ

 

「svlsil2csv.mac」をクリックして、「OK」をクリック

 

何回か「OK」をクリックしたら「名前を付けて保存」の画面になるので、「ファイル名」を「SVL1~1.csv」にして「保存」をクリックする

 

すると、デスクトップに「SVL1~1.csv」ができます。

作ったSVL問題集をPSSで使えるようにする

PSSを起動したら、「問題集の選択」画面が出てくるので×で閉じる

 

クリップのアイコンをクリック

 

PssEditorの画面になったら、左上の「ファイル」から「インポート」を選ぶ

 

さっき作ったファイル「SVL1~1.csv」を選んで、「開く」をクリック

 

「問題集ツリー」に(問題集の名前)が追加される

(問題集の名前)を右クリックして「名前の変更」を選んで、ファイル名を「SVL1~1」に変える

 

×ボタンでPssEditorの画面を閉じる

 

 

問題集を選択して、「覚える」をクリックすると勉強を始めることができます。

 

まとめ

これで英単語リストSVLを使って勉強できるようになりました。

 

今回作った「単語レベル制限」とは違う問題集を作りたくなったときは、

をすることで作ることができます!

 

忘却曲線理論以外にも、英単語学習ソフトPSSにはいろいろな機能があるのでぜひ試してみてください!

 

少しでも勉強に役立てばうれしいです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です