雑記

超初心者のゴミのような記事の作り方【完璧主義者なあなたへ】

ゴミのような記事の作り方

初めまして。サトシ(@satoshi365_blog)と申します。

 

タイトルにあるようにセミリタイアを目標にしています。

「セミリタイアを達成するまでを書いていけたらいいな」と思って、このブログを作りました。

 

そこまでは良かったのですが、

  • 読まれる記事のタイトルの決め方を身に付ける
  • 記事の書き方を身に付ける
  • ブログの設定
  • SNSの準備
  • アイコンやヘッダーなどの画像の準備

などが大変すぎて、というか面倒臭すぎて、1週間ほど放置してしまいました。

(完璧主義者なので、自分の中で満点の記事タイトルを決めるまで記事を投稿できない)

(完璧主義者なので、初期設定を全て完璧に済ませないと記事を書く段階に移れない)

(完璧主義者なので、…etc.)

 

こだわりすぎて1記事も書けないぐらいなら、ゴミのような記事でもどんどん書いていった方がいいのではないか?

という事で、この記事では、「今後どうやってゴミのような記事を書いていくか」について書いていこうと思います。

 

「ゴミのような記事」とは?

何もないよりはゴミでもあった方がいい。はず。と書いてある画像

ゴミのような記事(これ以降、ゴミ記事と呼びます)を書いていくことを目指すからには、どのようなものがゴミ記事であるかを先に定義しておかなければなりません。

  1. 何も得られるものがない
  2. なのに何故か記事が長い
  3. 読んで10分後には読んだことを忘れている
  4. 間違えてページを閉じてしまっても何も感じない
  5. Twitterを見ていた方が有意義

などなどです。

 

あくまでも、「何も得られるものがない」記事であって、

「読みたくない」記事にはならないように気を付けたいところです。

 

0点の記事ではなく、30点の記事を狙っていきたいと思います。

 

生ぬるくなったお風呂にずっと入っているような、

微妙な心地よさを目指したいものです。

 

何故「ゴミのような記事」を目標にするのか

なんでわざわざゴミ記事を目指すの?なんで本気で書かないの?本気で書いてもダメだった時の保険じゃないのか?

と思われるかもしれません。

 

しかし、理由はあります。

ゴミ記事でない記事を書き始めてしまうと、こだわり始めてしまう可能性があるからです。

 

100点の記事を書こうとして、記事を書かなくなってしまうぐらいなら、

30点の記事を狙って書いて、続けていこう

という考えです。

 

もしかすると、30点の記事をたくさん書いているうちに40点の記事が楽に書けるようになるかもしれません。

そうなったら、40点の記事を量産する方向にシフトしたいと思っています。

 

「ゴミのような記事」を作る時に心がけているルール

ゴミ記事を快適に作っていけるようにルールを作っていきます。

 

  1. 30秒以上考えない(何かを調べたり、書き直したり、行動してればOK)

 

ルールを考えている途中で30秒経ってしまった為、ルール2が作れませんでした。

恐らく僕がルールをまじめに作っていこうと考えると3日はかかるでしょう。(おそらく、実際には面倒臭くなって途中であきらめる)

 

残念ながらルール2を作ることはできませんでしたが、

おかげでこの記事を公開することができています。

 

「ゴミのような記事」を読む人っているの?

いくらゴミのような記事を量産したとしても、誰がそんな記事を読むんだ

 

とお叱りを受けそうです。

では、どのような人が「ゴミのような記事」を読んでくれるかを考えてみましょう。

  1. SNSから記事を見てくれる人
  2. 検索結果を20ページぐらいまで見る人

「ゴミのような記事」の場合、高い確率でSEOで上位を取ることはできないでしょう。

なので、そのような記事を読んでくれる人は上の二つに限られるでしょう。

 

もし上の二つで物足りないのであれば、

  • 高得点の記事を書いて、SEO上位を狙う
  • SNSで大きく拡散されるような記事を書く

いずれかの方法で、多くの人を記事に誘導しましょう。

 

「ゴミのような記事」を作る才能がある人はどんな人?

これは簡単です。30秒も必要ないです。

「自分の好きなことを永遠に話し続ける事が出来る人」

 

これが、才能のある人です。

大事な点は、「自分の好きなことを話し続ける」という点です。

相手が知りたいことを話し続ける」ではありません。

 

例えば、相手に英語について好き放題に伝えたとします。

もし、現実世界でこれをしてしまうと「興味がない事をべらべらと話してくるやつ」だと嫌われるかもしれません。

 

しかし、ブログではそうではありません。

あなたのブログに来ている時点である程度英語に興味があってきているのです。

ブログにおいて、「自分の好きなことを話し続けられる」ことは大きな長所です

 

僕は英語とパソコンと色々考える事が好きな陰キャです。

それについて話し始めると止まらないタイプなので、ゴミ記事を作る才能はあるといえるでしょう。

陰キャとは

陽気なキャラクター(見た目)の人を「陽キャラ(ようキャラ)」と呼び、陰気なキャラクター(見た目)の人を「陰キャラ(いんキャラ)」または「インキャラ」と呼ぶ。それぞれ「陽キャ」「陰キャ(インキャ)」と略すことがある。スクールカーストでは、陽キャラが上位に属し、陰キャラが下位に属すとされる。

Wikipediaより引用

 

まとめ

ENDと書いてある道路標識

「ゴミのような記事」を書く目的は

完璧主義者が記事を書き続けるために、自分の力を制限する

という一つだけです。

 

そもそも、ブログとは書き続けるものです。

100点の記事を書こうとしてブログを辞めてしまう」というのは、

自分の限界を超えた記事を書こうとしている」とも言えるでしょう。

 

続けられる程度の完成度の記事を量産して、

レベルアップしていこうと思います。

 

読んで頂き、ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です